【独学・初心者必見】プロが選ぶ!ネイリスト検定で必要なおすすめお道具『チップ&ラップ編』

この記事は12分で読めます

この記事では、ネイルの勉強をするにあたって どんなお道具を使えば良いかわからないという方のために、日本ネイリスト協会本部認定講師のyuyuが実際に使用しているおすすめお道具をご紹介致します^ ^

なぜ おすすめなのかも書かせて頂きますのでぜひ参考にしてみて下さい♪

今回はチップ&ラップ編です。

★レジン、アクティベーター

レジンとアクティベーターはメーカーとの相性がありますので、推奨されている組み合わせで使用する事をおすすめします。相性が合わないものを使用するとひび割れしたり、硬化しにくかったりとトラブルが起こる原因になります。

様々なメーカーから商品がでていますが、私はibdのヒルダーレジンとミトスのアクティベーターの組み合わせが好きです。レジンの粘度が高いのでしっかりと厚みをつける事ができてフォルム形成もしやすく、硬化も早いため検定試験では時間短縮になります。

私が2級を受験した時に使用したものは、現在廃盤になっていますが、スクールでおすすめされたものをそのまま使用していたので恥ずかしながら当時はメーカーの相性があるなんて知らなかったです。その後、認定講師試験を受験する時にチップ&ラップの練習(現在はなくなっていますが当時の認定講師試験は試験課題にチップ&ラップがありました。)をして相性があることを知りました(笑) その時に色々なメーカーを使い比べてみてibdとミトスの組み合わせに落ち着いたという経緯があります。

★シルク

様々なメーカーから販売されていますが、私が検定で使ったバックスクラッチャーズのシルクをおすすめとしてご紹介します。どのメーカーのものでも使いやすさなどはそれほど変わらないと思いますのでネイル用であればなんでもOKです。

シルクの役割としては爪の強度をつけるために爪表面を覆うように貼り付けるものです。シルクの代わりにグラスファイバーを使用してもOKです。この二つは天然繊維か化学繊維かという素材の違いがあるだけで役割は同じです。ただシルクはグラスファイバーに比べて繊維の網目が細かいので表面がキレイに仕上がりやすいという事から、検定試験ではシルクを使用している方が多い印象です。

★グルー

チップラップの工程では、チップを装着する時やシルクの網目を消す時にグルーを使用します。お値段は約200円~1000円程度で買えます。安いから悪いという事もないのでお手頃価格のナチュラルフィールドサプライのグルーをおすすめします。実際 私はこれをチップラップで使用しましたがトラブルが起こった事はありません。

★チップ

チップラップで使用するチップはハーフチップといって、爪の先端に装着できるようにチップの左右が耳のようにツンとした形をしているものです。コンタクトゾーンといってチップが爪と張り付く部分が薄くなっているチップやコンタクトゾーンがないチップがあります。どちらを使用してもかまいませんが、私が2級の検定試験でおすすめするのはコンタクトゾーンがないチップです。

コンタクトゾーンがないチップは、装着する位置を自由に変えられるのでどんな爪にも合わせやすく使いやすいからです。検定では規定でチップの色はナチュラルを使用する事となっていますので、白色のものやクリアのチップは使用しないようにご注意下さい。

★シザー

チップラップの工程では、シルクをカットする際にシザーを使用します。シザーの刃先の形はストレートのものや、眉毛ばさみのように先がカーブしているものなどがありますが、私はストレートタイプをおすすめします。単純に刃先がカーブしていると真っ直ぐにシルクが切れないという理由ですが、

他にも1級や中上級の試験などでイクステンション(長さ出し)のネイルフォーム(台紙)をカットする際に使用しますので、刃先がカーブしているとそのカーブの影響を受けてしまってネイルフォームを切りたい形にする事ができないからです。まれに刃先がカーブしている方が切りやすいという方もいらっしゃいますが、ストレートとカーブを使い分けるのも面倒ですし、ストレートタイプで慣れておくといいと思います。

そして、シザーを選ぶ際にもうひとつチェックして頂きたいのは、刃先の薄さです。

検定試験で使用するのはもちろんのこと、サロンワークでアートシールをカットする時などでも1㎜単位の細かい作業が多いネイル技術ではやはり刃先が薄いシザーを選びたいものです。ご紹介するシザーは、美容師さんのハサミやネイルのキューティクルニッパーなども作っているプロ向けメーカーのもので、使いやすさはもちろんのことお値段もリーズナブルで長く使えるシザーでおすすめです。

★チップカッター

ひとつ持っていると便利なチップをカットするためのカッターです。

チップラップではチップの長さをカットする工程がありますので、その際に使用します。

チップカッターを持っていなくてもネイルニッパーがあればチップをカットする事はできるので、必須アイテムではありませんが、最近のネイリスト検定はハンドでの受験になっている級もありますので、持っているとハンドのチップの仕込みの際に一発でチップをカットする事ができて時短になりとても便利です。

現在1級やジェル検定はハンド受験になっていますので、ゆくゆくジェル検定やネイリスト検定1級以上の取得を考えておられる方は購入しても損はないと思います。

私もコロナ禍でオンラインのコンペに出場の際にはハンドでしたのでやはりチップカッターが大活躍してくれました。ここでおすすめするチップカッターは私が使っているものと同じで、お値段もリーズナブルなのでご紹介致します。

★まとめ

いかがだったでしょうか^ ^

ここでは私が実際に使いやすくて好きなお道具を厳選してご紹介させて頂きました。

皆さんのお道具選びの参考になれば幸いです。チップラップの商材は色々なメーカーが販売していますので、もし他に使いやすい商材を見つけたよーなどご意見があればコメント欄などで教えて頂けるととってもうれしいです。

今回もお読み頂きありがとうございました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:ネイリストyuyu (ゆうゆ)

プロフィール

★詳しいプロフィールは ⇒ こちら

・JNA本部認定講師
・ネイルサロン衛生管理指導員

★受賞歴
・ANF2018 メンズネイルケア6位
・TOKYO NAIL EXPO2018 メンズネイルケア6位
・TOKYO NAIL EXPO2019 メンズネイルケア8位

Nailist yuyu’s Nailsalon&School

Nailist yuyu’s YouTube

Cyfons -新世界スクールシステム-